館長の写真日記 最上義光歴史館のロビーを飾る駒姫の木像:最上義光歴史館

館長の写真日記 最上義光歴史館のロビーを飾る駒姫の木像

.

30年間、一日も欠かさずロビーでお客様をお出迎えしている駒姫。

.

「最上義光と彼の二女の駒姫の木像です。樟を彫って色を塗っています。

この建物が建設されるときに制作された作品です。

作者は山形市出身の彫刻家・長橋阿久於(1928-2000)です。

駒姫は処刑される直前の姿を表現し、義光は娘の死出の旅立ちを舞で送る姿を表現しています。 」

.

.

木々が色づき始めました。

歴史館でお待ちしています。

.

少し大きめの画像はblog でどうぞ。

.